CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
COPYRIGHT (C) STUDIO ARCHIMEDES All Rights Reserved.
RECOMMEND
<< COLOR | main | こといぬ コトネコ展 はじまりました >>
コンテクストデザインワークショップ          「グラデーション・トイ」
10月14日に東京おもちゃ美術館でコンテクストデザインワークショップ(東京自由大学主催)を行います。自然と人工物のグラデーションをテーマに道具のようなおもちゃを作るグラデーション・トイがテーマです。枝を削って磨くだけのシンプルな作業です。 お申し込みはこちらメニューの受講予約メールをクリックしてください。


●コンテクストデザインワークショップ
グラデーション・トイ −粗さから滑らかさへと変化する木のおもちゃ−」
●日時:2012年10月14日(日) 12:00-16:00
●場所:東京おもちゃ美術館 作業室
    東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
●講師:上林壮一郎
(プロダクトデザイナー、京都造形芸術大学准教授)
●参加者:
親子(お子様は中学生まで)
大人単独
子供単独(ただし、保護者同伴で二人目からの子)
●参加費:参加費は当日お持ちください。
・親子(親1名中学生以下の子1名あたり)3000円(特別ペア入館料、材料費含む)
・大人一人3000円(入館料、材料費含む)
・子供二人目から別に製作する場合、別途3000円(入館料、材料費含む)
●内容:
 山から拾ってきた木の枝(講師で用意)を、カッターや紙やすり、木工機械を使って、削ったり、磨いたり、穴をあけたりして、先端をとがらせた20cmくらいのものを作ります。粗い樹皮の部分を少し残し先端に行くにつれて丁寧にすべすべに磨いていきます。次第に、ただの木の枝が、なにか道具のような何かになりそうなものになってきます。
 いくつもそのようなものを作り、それでできるおもちゃを作って遊びましょう。たとえば、鋭い先端を生かしたい人は、真下に落とす落とすダーツを、静かにテーブルの上で遊びたい人は木の台座にいくつも穴をあけて、そこに一つずつ倒れないようにさしていくバランスゲームを作りましょう。他にもこの形や滑らかさのグラデーションを使ったアイデアを考えてみましょう。

●お問い合わせ先:お申し込み先
NPO法人東京自由大学事務局
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町5 T.M ビル2階
TEL/FAX: 03-3253-9870  
Eメール: jiyudaigaku@nifty.com



JUGEMテーマ:アート・デザイン
| コンテクストデザイン | 00:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする