CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
COPYRIGHT (C) STUDIO ARCHIMEDES All Rights Reserved.
RECOMMEND
<< COLOR | main | ついに到着!新作BACK UP JAPANの展示追加 >>
展覧会情報などお知らせ3つ
JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ三つです。
震災以来の沈黙を破って11月は展覧会2つ、ワークショップ1つやります。


「POLY-SITE 10」展
11/1-30  12:00〜20:00(月曜/第2 日曜定休)
@ P LOTギャラリー
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-36-1 桜苑マンション1F tel.03-6804-5895  http://www.plot-tokyo.com/

ポリサイト フェイスブック
POLY-SITE 10詳細
ポリサイトツイッター

虚大な力には頼らない生き方、身の丈の感覚、SMALL LIFEをテーマに杉の部屋を制作しました。
本物に囲まれて天然素材に囲まれてすごす、身の丈感覚の暮らしを今の家に住みながらすぐに始めるための部屋です。







「物気色11・11」展
11/11-13  10:00-18:00(最終日は17:00)
@ 遊狐草舎 京都市北区紫竹西南町17-3
大徳寺北にある町屋での展覧会です。京都ならではです。
3日間ですが、毎日セミナーがあります。

座 
11/10 19-21時:鎌田東二「モノ学的世界観と自然の力と人の営み」 
11/11 13-15時:出品作家+山本豊津(東京画廊、アートディレクター)「震災以降のアートは何をすべきか」
11/11 16-18時:武田好史「モノケイロとアンビエントアート」(この回のみ場所は武田邸
11/12 13-15時:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所、リサーチスペシャリスト)+松井茂(東京藝術大学特認講師、詩人)「触れることで情報を設置する試み」
11/12 16-18時:原田憲一(京都造形芸術大教授、地球科学)「地球と折り合って暮らす知恵」
11/13 13-15時:稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授、比較文化史、文化交渉史)+小崎哲哉(REAL TOKYO、発行人兼編集長)

モノ学・感覚価値研究会で考え続けているモノやモノノケハイをテーマに、災禍を受けて日本全体を見つめながら、日本という具体的な土地である日本列島という存在を考え、日本列島の気配を感じる御膳を制作しました。

http://www016.upp.so-net.ne.jp/onihiroLab/onihiroLab/Event.html
http://yukososha.blogspot.com/2011/11/1111.html


遊狐草舎にて




コンテクストデザインワークショップ
「ネイチャートイ ―丸太を森にするおもちゃを作る―」
11/20  12:00 〜 16:00
@東京おもちゃ美術館

森で拾った木の枝をつなげて作るおもちゃを作ります。

コンテクストデザインワークショップの詳細









| お知らせ | 00:38 | comments(0) | - |
コメント
コメントする