<< 今週末東京おもちゃ美術館でワークショップやります! | main | 人類の知の遺産 ダ・ヴィンチ >>
CONTEXT DESIGN WORKSHOP-親子でつくるおもちゃ
どうぐみたいなおもちゃ@東京おもちゃ美術館


9月4日。四谷の東京おもちゃ美術館さんと共催でコンテクストデザインワークショップを行いました。

タイトル

このシリーズワークショップ3回目となるおもちゃテーマ。やはり今回も道具ってなんだっけと思わせるような、道具っぽいおもちゃ、おもちゃとしての道具、遊ぶための道具を作ってみます。しかも、かなり本格的に木工です。きのおもちゃといえば東京おもちゃ美術館にたくさんあります。また、ここは昔から手作りおもちゃ活動を推進してきたところなので思い切り親子で木のおもちゃを作ってもらいました。しこみもそれなりに大変でしたが、それぞれなかなかに楽しいおもちゃができました。

杉の材料

今回も加藤木材さんの協力で杉の端材を使います。端材は、いろいろな扉になります。どれにしようか・・。

お父さん夢中です

お父さんも夢中です。

穴をあけています

こんな感じで穴をあけています。

作ってます



いよいよ完成。各親子でプレゼンテーション。


発表を聞く

発表

---

出来上がった作品たちです。


SKさん
SKさん
--------------------------------------------------

MHさん

MHさん キリンが草を食べると穴が現れるのだ。

裏側こんな感じ
MHさん キリンの裏側
--------------------------------------------------

KSさん

いろいろな扉の開き方
KSさん  思わぬ扉の開き方
--------------------------------------------------

MSさん
MSさん  花が開く
--------------------------------------------------

MTさん
MTさん
--------------------------------------------------

HOさん
HOさん

----------------------------------------------------

SHさん
SHさん


















| コンテクストデザイン | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studioarchimedes.com/trackback/1389777
トラックバック