<< 「機能のグラデーション」展設営完了 | main | 今週末東京おもちゃ美術館でワークショップやります! >>
「機能のグラデーション」展開催中
window



efish店内展示



日本中どの都市も暑いと思いますが京都は特に暑いです。
「機能のグラデーション」展開催中だからです。
場所は五条大橋近くのefishというカフェ&ギャラリーです。地図リンク

暑い中efishにたどりつくとまず目に入るのが、windowに浮かんでいる風を起こすかのようなプロペラのようなものです。
しかしよく見るとそれらは、くつべらやかたたたきです。プロペラの片方が靴べらになっているものもあります。

作品は、windowと店内1Fの黒板の下と2か所展示されていますが、それぞれ密かにテーマがあります。windowの方は「ねじれ系」で、店内が「カーブ系」です。
黒板下のカーブ系作品はカーブの方向をそろえて展示していますが、うまく横になってくれなかった大きい曲がったしゃもじのようなものがありました。それは記帳台の上にさりげなく展示しています。

この杉は、6月に麻布十番ギャラリーで行われた「新しい杉」展で発表したラウンジチェア「NUDE」の端材を利用したものです。

この展覧会は、三条ARTZONEで同時開催されている4回生の「恋は突然、ハリケーン」や三条界隈3か所のカフェなどで開催している銅金裕司さんの「シルトの岸辺」展、そして飛んで東京の中目黒で展示中の小島祐二さんと3,4回生の選抜作品による「半島―セートの岸辺」展のリンク展です。



ところでこの展覧会の前は、windowにefishの西堀晋さんデザインのNEO FORMというブランドの椅子LRが展示されていましたが、僕も同じブランドのためにSPOONTAPPOLUCAなどいくつかのスツールをデザインしたというご縁がありました。



SPOON
| 展示会情報 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studioarchimedes.com/trackback/1384434
トラックバック