<< 「新しい杉展」 に NUDE 出展 | main | COLOR >>
CONTEXT DESIGN WORKSHOP-機能と装飾・機能と象徴


2010.7.3.

コンテクストデザインワークショップ
機能と装飾・機能と象徴

@NPO法人東京自由大学


蚊取り線香は、渦巻き形状という装飾的かつ象徴形状をもっているが、耐久性や省スペースという意味で合理的な形状でもある。
機能と装飾・機能と象徴は一見相反しそうな概念であるが、装飾の機能や象徴の機能といった両者の重なり合うところを探った。なかなか難しいテーマであり、今後も続けてゆきたい。
写真は、波模様をした格子の模型である。この波模様の形状がもつ作用が格子という機能にどのような影響を与えているだろうか。
| コンテクストデザイン | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studioarchimedes.com/trackback/1381269
トラックバック