<< 次回のコンテクストデザインワークショップ | main | 意匠展 >>
trip 空間演出デザイン学科卒業制作展

takasago&fuma



・floaral pigments collection : eriko ohgami
・inasen brothers : hikaru takasago,yosuke fuma
・kankaku jogi: chiaki makino



京都市美術館で京都造形芸術大学の卒業制作展が行われている。
搬入・設営のざわめきを経て、きれいに片づけられた空間での展覧会が始まった。芸術とは掃除であると改めて思った。

クリップスポットながら照明も当てられ、ベーシックながらパーティションで構成された空間に配置された作品群は、雑然とした教室で無造作に説明された作品の断片でしかなかったものとは別のものに感じられた。

歴史あるその美術館はやや古びた空間ではあるが、重厚かつ大きな空間で、ゆったりとしたスペースを与えられての贅沢な展示であった。

とりとめもなかった作品が互いに共鳴し、どこにもないような一つの幽かな空間を作っていた。

一人ひとりの個性にはじめて会った気がした。
| つれづれ | 12:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.studioarchimedes.com/trackback/1085369
トラックバック